四国国立医学部専門塾

香川大学、徳島大学、高知大学、愛媛大学の四つの国立医学部に特化した塾です。格安料金で自宅浪人生の国立医学部合格をサポートします。 入塾ご相談はこちらから shikoku_igakubu@yahoo.co.jp

四国国立医学部志望の生徒募集中

初めに

 

当サイトでは只今、四国国立医学部(愛媛大学香川大学高知大学徳島大学)を

 

受験する生徒を募集しています。

 

私自身、自宅浪人を経験しており、価格が安くて自宅浪人をサポートしてくれる

 

塾はないのかと浪人中つくづく思ったものでした。

 

そんな学生の要望に応えるためにサービスを開始しました。

 

 

当サイトで提供する情報

 

医学部受験においては情報が大きな力を発揮します。

 

現役生が失敗する大きな理由は主に勉強時間の不足です

 

現役で国立医学部に合格しようとすれば間違いなく一般公立学校の習熟では間に合いません。

 

じゃあ、現役で国立医学部に合格する人はどんな人かと言うと

 

  1. 進学校で一流教師から指導を受けた。
  2. 現役時代、独学で先の学習を進めていた。
  3. 飲み込みが早い天才型。

この三つのうちのどれかです。

 

割合でいうと、1が80%、2が15%、3が5%ぐらいです。

 

国立医学部現役合格者なんて、高校が進学校なんですよ

 

だから進学校に行ってない人が現役で医学部に合格しなかった

 

こんなこと当たり前なんです。

 

で、現役で合格しなかった方は時間が足りなかったと

 

こういう結論に至る訳です

 

でもこれだけが理由じゃないんですね。

 

ツイッターなどを見ていれば分かりますが

 

国立医学部に3浪以上しても合格しない人はザラにいるんですね。

 

つまりどういうことか

 

医学部合格には時間だけじゃどうにもならない部分がある訳です。

 

それは何か

 

  1. 勉強計画
  2. 受験校の情報(頻出分野)
  3. 勉強方法

 

主にこの三つです。

 

順に説明していきます。

 

 

1.勉強計画について

 

 勉強計画なんてどうでもいいと思いますよね

 

数学を先にやろうが、国語を先にやろうが、理科を先にやろうがどうだっていい

 

これが医学部受験での最大の失敗です

 

4月、5月に適した教科、センター直前にやるべき教科

 

大体決まってます

 

これを無視してやった結果、センターが直前期に伸びない、二次試験で大失敗

 

といったことにつながります。

 

2.受験校の情報

 

ここが四国専門であるが故に当サイトが強い理由でもあります。

 

大手予備校は、東大、京大、阪大の三強にはとても強いですが

 

地方になるとそこまで強くありません

 

何なら地方大学の地元の塾の方が圧倒的に強いです。

 

当サイトでは、今年の志望者の傾向、出題問題の傾向、予想問題

 

これらを徹底的に分析して提供することができます。

 

3.勉強方法

勉強方法と言っては漠然としていますが

 

効率的な英単語の覚え方であったり

 

復習間隔、音読の取り入れ方など勉強効率に関わってくる部分です。

 

当サイトでは、様々な書物を読み漁った経験から最も効果的な記憶術の情報を提供いたします。

 

 

以上が、受験に必要な大まかな情報です。

 

当サイトではこれ以外にも受験情報を提供いたしましたがここでは列挙に止まらせていただきます。

 

  • 四国医学部に関する徹底的な分析、過去問の提供
  • 四国医学部頻出分野を研究した上での直前期の勉強方法
  • 来年度の四国医学部の予想問題、および類題の提供
  • 四国医学部に特化した参考書情報
  • 医学部受験合格計画
  • 模試を分析によって作られた同程度の問題の提供
  • 現在の学力が合格までどの程度距離があるか診断
  • 化学、暗記系科目で重要な語呂の提供
  • 他の受験者との成績比較(匿名)で学習意欲の向上
  • 本番で緊張しないための方法
  • 昼夜逆転生活の治し方
  • 本番の服装からホテルでの過ごし方、前日の過ごし方まで
  • 勉強に役立つ道具

 

これらの他にも予定しております。

 

続いての記事では料金を記載しています。

 

mac-mid.hatenablog.com

 

 

↑次の記事へのリンクはこちらです